賃貸を斬る!いろいろなこだわり条件から賃貸の特徴をご紹介!

浄化槽

浄化槽(じょうかそう)とは、水洗式便所と連結して、屎尿(糞および尿)と併せて雑排水(生活に伴い発生する汚水(生活排水)を処理し、終末処理下水道以外に放流するための設備である(浄化槽法より)。
(wikipediaより引用)

下水道と浄化槽とどちらかよいかという質問がインターネット上にありましたので、そこに書いてあった答えを抜粋してまとめてみました。

下水道
下水道使用料金がかかる

浄化槽
・浄化槽設置に費用がかかる
・排水加入金が掛かる場合がある
・匂う
・維持費が掛かる

定期貸家契約の賃貸物件

契約の方法が複数存在する賃貸物件の契約をする時には、自分がどんな契約を結ぶのかという事について良く知っておきたいですね。

賃貸物件における契約方法の一つに定期貸家契約というのがあります。この契約は主に1年以内の短い契約を行う事が可能だというのが特徴です。もちろん、それよりも長く契約するという事もできます。そして、契約が終了すれば、期間満了となってしまい、更新するという事はないそうです。

もし、どうしてもその賃貸物件に住み続けたいという場合には再度契約をし直す事になります。その場合、別途費用がかかる可能性もあるでしょう。

この契約における賃貸物件の家賃というのは通常よりも少し安い場合があるそうです。

賃貸物件を借りるメリットとは

大阪の北区の繁華街である梅田周辺にはJR・私鉄・地下鉄など、交通網が集中しており、ここに店舗やオフィスを構えることはメリットが高いです。 この場所に拠点を構えれば、交通のアクセスが良く、集客や取引相手にとってもスムーズなアプローチが可能なこともメリットとなります。

しかしながら、大阪梅田エリアは地価がもっとも高額な場所で、賃貸物件の家賃が高いのも確かです。 賃貸物件の家賃は経営を押す原因となります。 そのことが、このエリアでの経営の難しさで、ある程度流行っていても、家賃などのコストが経営を押し、入れ替わりが激しいのも現実です。

賃貸の良さは、物件購入という大きな設備投資が無いという点でもあるため、経営後のコストや収益性を考えて、最適な場所を選ぶ必要があるでしょう。 飲食店などの場合、大通りから少し入った場所でも、おいしいという評判から、繁盛店となることもあります。 空き店舗や居抜き店舗の契約をすれば、家賃が強気で交渉できます。 不動産の所有者は空き部屋であっても固定資産税の負担が掛かるため、空き物件の契約交渉ではある程度相談に乗ってくれるでしょう。 人や車の通行量や実際に経営をスタートする上で、支障になる要素が無いかをしっかりと調べる必要があります。

賃貸と借家との違いとは

部屋を借りる場合には不動産屋で物件探しを行います。その際に賃貸物件という場合にはマンションとアパート、それに借家という3つの形態があります。 アパートは構造は木造や軽量鉄骨造で階数は2階建て前後が多く、最近は室内にバスユニットや洗濯機置き場が設置されていることも多いものです。そして1棟の建物が一戸ずつに分かれていてその1つを借りることになります。

マンションは共同住宅のうちでも区分所有建物の部類に入り、構造はRC造やS造の場合が多く、階数は2階建て以上で上は超高層のものまであります。壁厚や床厚もありアパートよりは構造が堅固で耐震性、耐久性、防音性や遮音性に優れているとされます。一般的には専有部分と呼ばれる壁の内法寸法で囲まれた部分で面積が計測されます。そして専有部分以外は共用部分と呼ばれバルコニーや廊下、エレベーター室、機械室、電気室、野外階段、エントランスホール、管理人室などが含まれます。管理人がいたり防犯面で警備が行われたり、管理会社によって清掃その他の維持管理が行われる場合も多いとされています。

借家は一戸建ての平屋や2階建てのもので木造のものが多いとされています。従って賃貸物件の中にはこれらの3種類の形態があるということになります。大阪の梅田あたりは地価が高いためにアパートやマンション物件が多いとされています。

賃貸物件についての関連情報

ページのトップへ戻る