賃貸を斬る!いろいろなこだわり条件から賃貸の特徴をご紹介!

任意整理で借金が完済しやすくなる

任意整理は、貸金業者と交渉をして、借金を支払いやすくすることです。法的な整理である自己破産や民事再生とは異なり、当事者間の交渉で行われますので、任意との文字が入っています。

任意整理では、一月の支払いを減額することや、利息を免除することが行われます。それにより、現在支払いが困難である人でも完済しやすくなります。ただし、業者は個人からの交渉を受け付けないことが多いです。そのため、この交渉を行うためには弁護士を代理人として行わなければなりません。

当然費用が必要になりますが、弁護士によっては分割での支払いに応じてくれる人もいます。

任意整理なら住宅を残すことができます

多重債務に悩む人が、増加しているのが現在社会です。借金が原因で、体調を悪くしたり家族崩壊などさまざまな問題が起きています。そうした人達の救済措置としてあるのが、債務整理です。

色々な方法がありますが、やはり気になるのが今住んでいる住宅はどうなるのかと言うことです。任意整理なら、自分が希望するところのみの借金の整理ができます。そのために、住宅ローンを省くことも可能になっています。

任意整理とは、依頼者が希望する債務だけを交渉することで利息のカットや元金の減額などをして返済をしやすくする制度です。通常の場合なら、返済期間は約3年となります。

任意整理をする3つのメリットと無理をしない労働

任意整理をすると完済が早まる、債務総額が減少する、一部の債権者だけ整理可能という3つのメリットがあります。

任意整理が完了すると、将来支払う必要のある支払い利息が免除となるため完済も早まります。利息制限法の計算で債務総額が減少するので、取引期間が長ければ長いほど、過払い金が生じている可能性があります。その際には、過払い金として支払う金額が減ることもあります。

また、任意整理は自由度の高さが特徴的な手続きなので、一部の債権者だけ整理することもできます。借金が多いとどうしても無理をしてしまうとかもしれません。ただ、これらのメリットを活用すれば無理をしない労働も可能なので、借金をゆっくりと返済できます。

任意整理と債務整理の違いについて

抱えてしまった借金を解決するのに、任意整理や債務整理などの方法がある事は多くの人が知っています。ですがその違いについては意外と知られていません。借金の返済を法的に解決する手段を債務整理と言います。

具体的な方法というより法的に解決する手段の総称になります。具体的な方法については任意整理や個人再生、自己破産などがあり、これらの手段を用いて借金返済のトラブルを法的に解決していきます。関連はしていますが考え方としてはそれぞれあります。より具体的に知りたい場合は、東京や大阪にある都市部の専門機関に相談してみる事も解決の糸口になるでしょう。

債務整理の手段となる任意整理とは

返済できなくなった借金を法律で解決する方法があります。総称して債務整理といい、債務整理には任意整理や、個人再生、自己破産などの手段が含まれています。債務者の返済能力や財産など、総合して手段を決めていきます。

任意整理は他の2つに比べると軽い感じがありますが、話し合いの上取り決めをしますので、きちんと遵守し返済していく事が大切となってきます。近年では、大阪などの都道府県などで借金相談の窓口を行なってくださっていて、必要に応じて弁護士や、司法書士を紹介して下さいます。心配な場合は相談してみることをおすすめします。

債務整理の任意整理についての関連情報

ページのトップへ戻る