賃貸を斬る!いろいろなこだわり条件から賃貸の特徴をご紹介!

債務整理のうち任意整理のメリットとは?

任意整理では、利息と遅延損害金を全額カットできるというメリットがあります。元本についてはいっさいカットができません。そのため、住宅ローンのように金利が低いローンについては、任意整理をしてもあまりメリットがないどころか、抵当権が実行されてしまってマイホームが没収されてしまいます。

自動車ローン、住宅ローン、奨学金などのように、金利が低い借金で、担保を提供していたり、連帯保証人がついているような借金は、対象からはずすことができるというのが任意整理の特徴です。消費者金融などのように、金利が高くて無担保・無保証のローンだけを整理することができます。

司法書士が交渉し返済額を減らす任意整理

返済能力を超えて返済しないといけないという状況になってしまった時には、債務整理を行うのが一般的な解決方法です。

司法書士に残りの返済額や収入などを伝え相談します。

そうすると、全額ではなく返済額を減らすと完済できそうだと判断された時には任意整理を適応する事もあります。

任意整理の他にも債務整理の中の過払い金請求なども同時に行う事もあります。そして、司法書士が交渉し縮小する事ができた返済額を数年かけて債務者が完済させなくてはいけません。

短い場合には3年程度ですべての借金を返済する事が多く、長くかかった場合でも5年を目安に完済を目指す事が多いそうです。早めの完済を目指したいですね。

多重債務が債務整理「個人再生」を行うメリット

大阪にお住まいの方が多重債務による借金の返済に悩まされているときには、債務整理をして、解決への糸口を見出すのがおすすめの方法になります。 債務整理の手続きを行うためには、頼れる法律事務所にサポートしてもらう必要があるのですが、大阪には借金問題の詳しい法律事務所が豊富に存在するのがおすすめする理由になります。

債務整理の手段には幾つかの方法があるのですが、その中に個人再生というものがあります。 個人再生の手続きに踏み切ったことは官報に記載され、およそ七年ぐらいの期間、信用情報機関が管理しているデータベースに残るのですが、そのようなペナルティがあっても踏み切る人が現れるほどメリットがある手続きになります。

そのメリットとは、条件さえ満たせば、自分の持ち家を手放さなくても、債務が整理できるということが、まず挙げられます。 持ち家を持っている人が、自己破産の手続きを踏んだ場合は、持ち家は競売にかけられ、競り落とされた金額が債務に充当されることになります。 そして、減額される債務の金額が大きく、裁判所に再生計画を提出して認可された場合は借金が、およそ五分の一ぐらいまで減らすことができるというのも、大きなメリットの一つになります。

債務整理の種類と任意整理

債務整理という言葉をご存知でしょうか。今コマーシャルなどでよく耳にする過払い金請求などがこの債務整理にあたります。これは法的に借金を見直すことで、借金で苦しんでいる人を助ける制度です。「任意整理」、「民事再生」、「自己破産」の三種類があります。

この中でも任意整理というのは借金における示談のようなものです。というのもこれは借金を借りた側と貸した側で交渉することで、以後の利息や借金額を減額してもらうものだからです。そのためには司法書士や弁護士に相談する必要があります。借金問題を得意とする事務所に相談するのがいいでしょう。大阪など各地に存在するようです。

任意整理などの債務整理で生活を立て直す

債務整理には、任意整理や自己破産、民事再生といった方法があります。任意整理は、利息制限法に則り借金を減額し、元金を分割で返済します。金利分だけで精一杯で、返済期間が長引いてしまっているときに有効です。

自己破産は、借金額が高額で、分割してもとても返し切れないといった場合に有用です。借金の支払い義務が無くなり、生活を立て直す足がかりが作れます。ただし、高額な財産は処分されてしまうデメリットがあります。民事再生の場合、返済義務はあるものの、財産が処分されないという点が自己破産と大きく違う点です。大阪には手続きに長けている弁護士事務所が多数ありますので、まずは相談をしてみるのが一つの手段です。

債務整理の任意整理についての関連情報

ページのトップへ戻る