賃貸を斬る!いろいろなこだわり条件から賃貸の特徴をご紹介!

任意整理では貸金業者から過払い金請求も可能

2010年以前に貸金業者から借り入れを受けていた方は過払い金が発生している可能性があります。過払い金とは払い過ぎた利息のことで、請求をすることで返還してもらえるお金です。

任意整理では債権者に対して借金の減額交渉を行いますが、もしも過払い金が発生していた場合は過払い金返還請求をしてもらうことも可能です。 過払い金請求をした結果、必要であれば任意整理をすることもできるので、いずれにしても返済が厳しい方は弁護士に任意整理の相談をしてみましょう。その際には債務整理に強い弁護士を選んで相談にいくようにしてください。

任意整理するとローンを組めなくなるか

任意整理をすると、過払い金があり、借金の残高がなくなった場合を除き、個人信用情報機関に記録が残ります。ローンを組もうとすると、個人信用情報機関の情報を照会するため、任意整理の記録があると審査に落ちてしまいます。

しかし、任意整理の記録は永久に残ることはなく、5年間で削除されます。そのため、記録が残っている期間は我慢して、5年間経ってから申し込むと良いでしょう。本当に記録が消えたのか不安な場合、個人信用情報機関に開示を請求すれば確かめられます。

なお、記録が消えた直後はクレジットカードやローンの利用記録が何もない状態になるため、そのまま審査を受けると厳しいところでは過去の金融事故を疑われて落ちることがあります。この場合は審査の甘いクレジットカードなどを発行して利用記録を作っておくと、本命の審査に通りやすくなります。

任意整理における債務整理とは

いくつかの貸金業者から借金をし、返済で行き詰まっている人のことを多重債務者と呼んでいます。多重債務者がどの債務整理にすべきかは、弁護士などの専門家の意見が必要になりますので、一度第三者に相談してみる事が大切です。一般的な見解によると、100万円以上の借り入れがある際には、法的な手続きで減らす事が可能と言われています。

任意整理などの債務整理を行っていく事で、一時の支払いの催促を止める事が出来ます。専門家が最適な方法を下さいますので、一人で悩まずに相談してみる事が大切な事となります。大阪や東京などの都市部に法律事務所がありますので、一度相談してみる事をおすすめします。

債務整理でリスクの少ない任意整理とは

現在の収入で、複数の借金返済が難しくなった場合、法的な債務整理で脱することができす。中でも任意整理は一定の収入もあり、せめて借りたお金だけは返したい場合など、生活に支障がない程度に返済額を減額できるものです。

また自己破産とちがい、財産を手放す必要は一切ありませんので、生活スタイルを変える必要はありませんし、制限されてしまう職業もありませんので現在の仕事は当然続けられます。

ただブラックリストには載りますので、特定期間は新規のクレジットカードや住宅ローン、自動車ローンなど新たに申し込みすることはできなくなります。任意整理は大阪でも例外なく年金受給者や、アルバイトでも安定した収入があれば可能です。

債務整理の中の任意整理

債務整理という言葉があります。これは、法的に借金を見直して整理しようという借金で首が回らなくなった人を救済するための制度です。その中に、任意整理というものがあります。これはお金を貸している側と借りている側の双方で話し合ったうえで今後の利息や、借金の総額を減額してもらう交渉を行うことです。

いわば借金における示談のようなものです。こういった問題は弁護士や司法書士といった人々に相談することで解決します。借金問題について専門性の高い弁護士や司法書士なども大阪や名護屋など多くの場所に居ます。一度相談することが肝要です。

債務整理の任意整理についての関連情報

ページのトップへ戻る