賃貸を斬る!いろいろなこだわり条件から賃貸の特徴をご紹介!

仲良しサイト

メガネ

遠近両用眼鏡というのは「二重焦点レンズ」というのが主流でした。
では、この二重焦点レンズというのは、いったい何なのでしょうか。

二重焦点レンズというのは、ベースのレンズは遠く用のレンズです。そこに、近く用の度数のレンズを貼り付けたというものでした。

こうすることによって、1つの眼鏡で近いところも遠いところも見られるようにしたものが、当初の遠近両用眼鏡でした。

しかし、これには2つの欠点がありました。
1つ目は、中間の度数がないということです。
2つ目は、老眼入りと一目でわかってしまうということです。

そのため、現在では違うレンズが開発されています。

ページのトップへ戻る