賃貸を斬る!いろいろなこだわり条件から賃貸の特徴をご紹介!

公共下水

下水と内容的にはほとんど同じですが、公共の管理下にあるということです。

住民の税金によってなりたっていますので、そういう意味では自分で自分の世話をしている感覚に近いのかもしれません。

浄化槽と比較されることがよくありますので、希望があるのであれば賃貸探しの条件の一つとして、不動産会社にその意思を伝えるようにしましょう。

収納にこだわりたい賃貸

友達を家に呼びたいという人などは、賃貸であってもインテリアや収納にこだわりたいですね。押し入れやクローゼットがしっかりと完備されていればいいですが、そうでない場合には自分で収納グッズを購入するといいでしょう。

一人暮らし用の賃貸では収納に十分な広さがなく狭い場合もあります。その中でいかにして上手に収納するかという事はポイントになってきます。

収納と言えば隠すばかりではありません。最近では見せる収納を行う人も増えています。インテリアにもこだわりを持って、友達に自慢したいおしゃれな部屋にしたいですね。

賃貸で一人暮らしをしている人の見本となるインテリア本などを見つけて参考にしながら、家具を買い集めるといいかもしれませんね。

賃貸の部屋を借りるときの条件

賃貸の部屋を借りるときは、立地条件と部屋の間取りをしっかりチェックし賃貸の契約をしましょう。まずは水周りをチェックし水漏れなどがないよう最初に確認をすることが快適に暮らせる第一条件です。

それから近くにスーパーがあると不便を感じずに暮らせますので望ましいといえます。また、昼と夜で様子が異なる地域もありますので夜確認をしておくことも大切です。どんなにいい賃貸の間取りでも騒音がある地域もありますが、静かな環境ですと長く使うことができるのでおすすめです。女性の場合は夜明るい通りを歩けるかどうかを確認しておきましょう。

保証人不要の賃貸物件の特徴

大阪や梅田にある保証人不要のの賃貸物件の特徴として、連帯保証人がいなくても物件を借りることができますが、物件によっては借り手が見つかりにくい不人気物件や家賃、初期費用、更新費用が相場よりも割高の物件である場合があります。 連帯保証人が不要の物件の初期費用や更新料が高くなる理由として、保証人無しで契約することができる賃貸物件の場合は、家賃保証などに加入する必要があるので、一般の物件よりも高くなります。

家賃保証やなどは家主の利益を守るための保険なのですが、借主が家賃をきちんとしたところに勤めていて家賃を支払っていても、事故や病気で収入が途絶えて家賃を支払えなくなる可能性が誰にでもあるので、連帯保証人の代わりの保険でもあります。

ただ、連帯保証人不要の賃貸によっては、礼金や仲介手数料、更新料が不要で立地条件やスーパーマーケットや駅から徒歩圏内にあるなど周辺環境が整っていて住みやすく、建物が頑丈であるなど魅力的な条件が揃っている物件を揃えているところもあります。 また、マンションなどでアパート壁が薄いと隣接する住人の生活音などで悩まされることがありますが、壁や床の厚みなど建物が頑丈であることもあるので、防音が期待できます。

賃貸物件についての関連情報

ページのトップへ戻る