賃貸を斬る!いろいろなこだわり条件から賃貸の特徴をご紹介!

天然ガス

天然ガス(てんねんガス、Natural gas)は、一般に天然に産する化石燃料である炭化水素ガスのことを指す。

広義には、地下に存在するガス、または地下から地表に噴出するガス一般のことであり、この中には化石燃料ガス(可燃性ガス)だけでなく、窒素や酸素、炭酸ガス、硫化水素ガス、亜硫酸ガス、硫黄酸化物ガスなどの不燃性ガスも含まれる。

これら不燃性ガスの多くは火山性ガスである。
(wikipediaより引用)

住む地域によって何ガスなのか決まっていますので、そういう意味では選択肢にはなりにくい条件です。

こだわりのある人は、予め調べてから引越しをするようにしましょう。

日当たりも重視したい賃貸マンション

日当たりというのは一見すると、どうでもいい様に見えて大事であったりします。

洗濯をして干すと乾きに影響する事もあります。夏は洗濯物が乾きやすいですが、冬や梅雨時などは困る事もある様です。賃貸マンションを決める時には、日当たりも重視したいですね。

日当たりが十分ではなくても、賃貸マンションの中に浴室乾燥機が設置されているなどというのであれば、問題ないかもしれません。

一人暮らしであれば、洗濯物も少ないのでいいかもしれません。ですが、家族向けの賃貸マンションで、4人や5人などたくさんの人数の洗濯をしないといけない時などには、日当たりはいい方がベターと言えるでしょう。

賃貸物件の初期費用について

東京の次に栄えている大阪ですが、一人暮らしをするならば1Kか1DKの賃貸部屋を選ぶかたが多いです。1DK以上の部屋を選ぶと家賃も高くなってしまいます。 東京は平均家賃相場が7.1万円なのに対して大阪の平均的な家賃相場は4.9万円となり都心に比べると安くなっています。しかしそれでも市内の物件は1Kでも5.9万円ほど、1DKや2DK、1LDKになると8.4万円と値段が上がっていきます。

.

また、駅から徒歩10分以内の場所は家賃が高くなってしまいます。安く抑えるためには駅から離れた場所を探すのが無難です。その中で一番人気なのは梅田駅などがある北区のエリアです。ここは他県へのアクセスが便利で人が多く集まる場所でもあります。

賃貸契約をするためには初期費用が必要になってきますが、平均家賃相場から5万円のところに住むと想定して敷金礼金それぞれ1か月分で考えます。そうすると敷金礼金の他に仲介手数料や火災保険料、保証会社、鍵交換代などでだいたい家賃の5か月分ほどがかかります。そのほかにも家具や引っ越し代、家電費用などがあるため最低でも50万円を用意しておく必要があります。 そして1か月の生活費も10万円以上は必要になります。

賃貸物件についての関連情報

ページのトップへ戻る