賃貸を斬る!いろいろなこだわり条件から賃貸の特徴をご紹介!

債務整理と自己破産の違いとは

債務整理と自己破産と自分はどの手続きをすれば良いのかと迷う方も多いようですが、実は自己破産は債務整理の方法の1つです。

破産は借金整理手続きの中で最も最後に取るべきとされている手段で、原則として全ての借金がなくなる代わりに住宅などの不動産を手放さなければなりません。この他にも破産にはリスクが伴います。

よく言われているリスクが、職業制限です。手続きを始めると認められるまでは弁護士や警備員など一定の仕事につくことができなくなります。またどの借金整理方法についても言えることですが、今後の金融機関からの手続きが難しくなるデメリットも存在します。

自己破産をするとローンはどうなるの?

自己破産をした場合には現在借りているローンの返済義務も無くなることになります。ただ正確には返済が出来なくなると言うべきで、もし住宅やマイカーのように返済を継続したいものがあったとしても、自己破産を行う以上は返済をしてはなりません。よってこういったローンになると、返済が出来なくなるためにその財産も引き上げられてしまいます。

もし財産を保護したいということであれば、残念ではありますが他の債務整理を選ぶべきとなるでしょう。

その場合選べるのは任意整理や特定調停といったように、債務整理の対象とする債務を選べる方法となりますから、専門家などと相談の上で方法を選ぶようにしてください。

多重債務の債務整理にはどれくらいの費用がかかる?

大阪で債務整理を行おうとした場合にかかる費用については、依頼する弁護士や司法書士、どのような方法を選択したのかによって、大きく異なります。最も選択する人が多いと言われている任意整理の場合、手続きに取り掛かる時に必要となる着手金は1社あたり3万円程度、報酬は10万円程度という事が多いようです。

また、多重債務者による債務整理と聞いて、多くの人が思い浮かべるであろう自己破産の相場としては、40万円から60万円ということが多いようです。ただし、この他に手続きを行う上で必要となった実費を負担する必要があります。

また、長期間借金の返済をしているという場合には、借金を払い過ぎているという場合もあります。このような時には、手続きをすることにより、払い過ぎたお金を取り戻すことが出来るという事もあります。債務整理を行う時には、自身の借金額を明確にしますので、この際に払い過ぎたお金があるという場合には、返還請求手続きをすることが出来ることがあります。その際の費用については、着手金としては、1社あたり1万円から2万円程度、報酬としては回収することが出来た金額の20%以下、訴訟となった場合は25%以下が上限として決められています。

任意整理における債務整理とは

借金を抱えてしまった苦悩を持つ方が救われる方法の一つとして、債務整理があります。さらに、今後の金利を無くすことができ、借金の総額と毎月の返済額を減らすことも可能な方法を、任意整理といいます。既に支払った額に過払い金が発生して、後からお金が手元に戻って来る場合もあるため、正しい知識が必要となります。

大阪を中心に、借金の相談が無料で行える専門機関は数多く存在しています。また民事再生や、自己破産などの方法を利用しなければならないこともあり、自分の状況に応じた解決方法を探し、トラブルなく手順を進めることが重要です。

債務整理で無理なく返済、リスクの少ない任意整理とは

一般的に複数の金融会社からの借り入れで、借金返済に困窮している人の法的な救済として、債務整理があります。その中の任意整理は、毎月安定した収入があり、無理のない返済額で支払い意欲がある方が利用できます。

債務整理は他に自己破産や民事再生法がありますが、裁判所を通さない手続きとして、お金を貸した債権者と債務者同士で話し合い、利息を減額し負担のない返済で、これまでと変わらない生活を健全におくることができます。これまで金利出資法で必要以上に払い過ぎていた分を元金にあてられ、借金を減額し無理なく完済できるものです。大阪でも同じく任意整理は、安定した収入があれば、アルバイトや年金暮らしの方も利用できます。

債務整理の任意整理についての関連情報

ページのトップへ戻る