賃貸を斬る!いろいろなこだわり条件から賃貸の特徴をご紹介!

下水

下水が通っていない地域では、排泄物を定期的に回収に来てもらう必要があります。

かなりの地域で下水の設備は整ってきていますが、まだこれからということろ、いつ来るのか予定もたっていないところなどいろいろな地域があります。

余談ではありますが、下水の回収業者は一般的な仕事に比べて給料が良いという話を聞いたことがあります。やはり喜んで就く仕事ではないからというのがその理由なのでしょうか。

都市部では下水に関してはほとんどの賃貸マンションでは問題ないと思います。

賃貸マンションで必要な礼金と敷金

これまでに何度も賃貸マンションに引越しをした経験がある人であれば、よく知っている人も多いかと思います。

賃貸マンションで生活するためには、家賃さえ支払えば早速カギが渡されるのではなく、それまでにやるべき事がたくさんあります。その一つに礼金と敷金の支払いがあります。

礼金と敷金は賃貸マンションで生活するなら必要となる事が多いでしょう。また、礼金と敷金はまとめて初期費用と呼ばれる事もある様です。

他には、賃貸マンションの下見を行って入居を決意すると、書類を記入して審査に通過しないといけない場合が多いかと思います。審査は結果が出るまでにしばらく時間がかかってしまう事もある様ですので、できるだけ時間に余裕を持って契約を行いたいですね。

ペットと暮らせる賃貸物件の特徴

賃貸で最近人気のある物件がペットと暮らせる賃貸物件です。 従来、賃貸で動物を飼うのは禁止である物件が多かったのですが、近年、マンションやアパートの建築ラッシュで、空き物件も多くなり、また家賃の引き下げや仲介手数料や敷金、礼金などの引き下げなどで、競争原理が働いています。 競争原理が働くことで、最近とくに利用者の視点が高くなり、間取りや設備が整っていること、築年数や部屋のきれいさなどを重視する人もおられます。

大阪の北区にある繁華街である梅田エリアでもペットと暮らせる物件が増えており、人気となっています。 このような物件にはある特徴があります。 マンションでは犬や猫で、比較的小型の動物が多いでしょう。 床を歩くと爪の引っかき傷がつくため、丈夫な床材が使用されていることが多いでしょう。 コンセントが高く設置してある物件もあります。

鳴き声などの問題も気にせずに暮らせる点もあります。 他の部屋でも同様に何らかの動物が飼われていることが多いため、防犯性が高いことがあります。 大阪梅田エリアでは、空き巣や不審者などの問題も多いため、動物を飼っている住居へでの犯行は少ないと言われています。 共有部分や周辺エリアでの糞尿の始末に注意し、他への配慮が必要でしょう。

賃貸物件についての関連情報

ページのトップへ戻る